性行為の際に関する悩みを抱えている女性は意外と多く、その悩みの一つには「不感症」があります。 男性の勃起不全は物理的に性行為が出来ない場合が多く、もし勃起不全になった場合はバイアグラやシアリスで一時的に回復することがあります。 しかし女性の場合は性行為をしたいとも思わない状況なので別の問題です。 不感症は冷感症や絶頂不全といった呼び方をされることもあり、大きく精神的な問題と神経生理学的な要因の2つに分けることが出来ます。
そんな不感症は改善できるものではないとあきらめてしまっている女性も多いですが、実はいろんな種類の治療薬を服用することによって改善できるということをご存知でしょうか。 性行為中に絶頂に達したことがないからといって不感症だとは限らないので、まずは自分の状態が本当に不感症なのかどうかといったことも婦人科などで勇気を出して相談してみるのも良いです。 前向きな気持ちがあれば不感症も改善されることが期待できますので、まずは行動してみましょう。

不感症の悩みは薬で解消できる

不感症に悩む女性

性行為の際に不感症で悩んでいるという女性は意外と多く、どうしたらいいのかわからないと落ち込んでしまうこともあります。
しかし実は性行為の時に不感症の方がそれを改善するために服用する様々な種類の医薬品があります。
そういった種類の医薬品は性行為の時に感度をアップさせるものであったり、絶頂に達しやすくなるものであったりします。
例えば不感症の改善のために婦人科などで処方されることがある医薬品では女性の性器の血流促進をすることで性的興奮を感じやすくする治療薬があります。
精力増強剤や性行為の時に飲むような媚薬とは違って、ちゃんとした医薬品です。
また、不感症だけを改善するだけではなく性欲を高める作用のある医薬品もあり、その中でもフリバンセリンはとても効果があります。
女性で最近性欲がなくなってきていると感じている方はフリバンセリンを服用して性行為を楽しんでみるとよろしいです。
媚薬などは依存性がありますので継続して飲み続けるのはあまり良いことではありません。
しかし治療薬は医薬品であり、医師の指示で飲むものですから不感症の改善をするためにはぴったりです。
服用の仕方も行為をする1時間前に飲むだけなので簡単です。
いろんな種類の不感症の治療薬がありますが、共通しているのは不感症の治療薬は媚薬ではありませんから、医薬品を飲んだだけで性行為で不感症が改善されるというものではありません
媚薬は飲んだだけで性的興奮をもたらすものですが、不感症の治療薬は性行為前に飲むだけでは改善されることはなく、性行為に伴う刺激や興奮などを感じる必要があります。
それでは性行為の際に不感症の医薬品を使ったとして、気になる副作用はないのでしょうか。

不感症の薬に副作用はある?

不感症の治療薬としていろんな種類のものがありますが、天然素材のみで作られている種類の治療薬もあります。
そういった治療薬を使っていればその天然素材そのものにアレルギーなどがない限り副作用の心配はほとんどないと言えます。
しかし医薬品として販売されているものですとやはり副作用を感じる方もいます。
性行為の時の不感症の改善のために使われる薬の種類の中でも婦人科などで処方されることがある医薬品では以下のような副作用を感じたという報告があがっています。

  • 顔のほてり
  • 消化不良
  • 鼻づまり
  • 下痢
  • 興奮や不眠
  • 動悸
  • 血圧低下に伴うめまい
  • 血管拡張作用による頭痛
  • 皮膚発疹

これらの症状全てが出るわけではありませんし、個人差もあるのですが、不感症の改善のために服用している医薬品で何かそういった副作用を感じた時には服用をやめましょう。
できるだけ早く処方してもらった婦人科などで相談をしてみるほうが良いです。
不感症の改善のために飲む治療薬を服用する時の注意事項として水をたくさん飲むようにするほうが良いとされています。
これは婦人科で処方された医薬品なども含め、不感症の治療薬は飲む時の水の量が少なすぎると頭痛などの副作用が起きやすいといわれているためです。
性行為の前に服用するものなので薬の作用を弱めるようなこともしないようにしましょう。
食事やアルコールの影響を受けやすい治療薬もありますので、過剰なアルコール摂取、高脂肪分の含まれている食事などはとらないようにしたほうがいいです。

不感症は女性にとっては大きな悩みの1つ

罪悪感を感じる女性

不感症かもしれないと悩んでいる女性の中には媚薬を使うことで不感症が改善されるかもしれないと期待をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
愛する男性との性行為の時に同じように悦びを感じることができないということに罪悪感を感じたり、自分は変なのではないかと悩む人は少なくありません。
かといって、婦人科で相談をするというのも簡単に決心できることではなく、ましてや性行為のことであるだけに不感症かもしれないということについて友人などに相談することもできないと一人で悩みを抱えてしまうこともあります。
初めて男性と性行為をする場合やつきあって日も浅く、恋人との初めての性行為という時には緊張してしまい、思った以上に感じることができないという場合もあります。
性行為で相手にどう思われてしまうか心配し過ぎてしまったり、その時の体調が悪い時なども性行為で興奮を感じにくくなってしまうことがあります。
そういったケースでは不感症であるということはほとんどの場合心配しなくても大丈夫だったりします。
緊張は何度か経験するうちに感じなくなることが多いですし、体調もずっと悪いということはたいていはありませんから時間が解決してくれます。

どんな理由で不感症になっているかが問題

性行為に対して恐怖心を感じていたりする場合はそのまま何度性行為を経験しても、媚薬を使ったとしても改善されることは期待できないでしょう。
カウンセラーに相談しながら不感症を改善するための治療薬を服用するなど様々な方法を用いて治療をする必要があります。
他にも妊娠や出産を機に性行為をしたいという気持ちをほとんど感じなくなってしまったけれど、夫が望むので仕方なくしているといった方もいるでしょう。
そういう時も不感症になってしまっていることがあります。
これからも夫婦生活は続いていきますから、ずっと不感症のままで嫌々性行為をするというのも苦痛でしかなくなってしまいます。 そういうケースでもカウンセラーなどに相談をしながら医薬品などを使った治療を行なう場合があります。
媚薬は一時的な興奮をもたらすことはできますが、そういうものを毎日使うことは体に良いことだとは言えませんし、根本的な解決にはなりません。
性行為の際に興奮などを感じることができないという女性は決して少なくはないのだということを頭の片隅に覚えておいて、媚薬でなんとかしようとするのではなく、根本的な改善ができるようにすることを考えてみるのがいいです。
そういった性行為の時の不感症の改善のサポートをしてくれる場所というのは意外と身近にあります。
婦人科では多くのクリニックで不感症の改善をしたいと相談に訪れる女性がたくさんいますし、婦人科で処方される治療薬は正規の医薬品なので、怪しいものも多い媚薬とは違って安心して飲むことができます。
そして性行為の時のことで悩んでいるのは自分だけではないのだという気持ちを持つだけでもストレスが軽減されます。

不感症が気になるなら婦人科に相談してみる

不感症の改善を目指したいということであれば身近な人に相談するのも良いですが、まず原因がどういったことなのかということをはっきりとさせる必要がありますので、婦人科など専門家に相談するのが良いです。
婦人科では医薬品を治療薬として処方したり、改善のための相談に対してアドバイスをくれたりするだけではなく、必要な場合にはいろんな種類の外科的な手術を行なうことがあります。
婦人科で行なわれる外科的な治療の方法ですといくつかの種類がありますが、体の状態が原因の場合はクリトリス包茎術や膣縮小術、骨盤の筋力アップや膣内のコラーゲンを超音波で増やすといった治療法があります。
媚薬とは違ってこういった専門的な治療をすることで根本的な早期改善につながることが期待できます。
同時に婦人科ということで医師の指示による医薬品の服用などでさらに改善しやすいようにすることもあります。
クリニックにもよりますが、婦人科で相談した当日にすぐに改善のための施術をできる種類の治療法などもありますので、まずは相談してみるのが良いです。
婦人科ということで女性医師のいるところもありますし、いきなり婦人科で不感症の改善をしたいということを相談できないという方は、まずはメールや電話相談をしてみるのもありです。
こういった婦人科の電話相談やメール相談は無料で行なわれていることがほとんどなのでお金がかかってしまうこともありませんし、直接いきなり婦人科へ行って相談をするよりとりかかりやすいです。
不感症で悩んでいる女性は自分の体がおかしいのではないか、そんな自分の体のことが好きになれないといったネガティブな感情を持ってしまいがちです。
婦人科で相談することでそういった感情などに関してもアドバイスをくれますので、改善に役立ちます。

媚薬を使用する場合は注意が必要

市販などでは媚薬もいろんな種類が販売されており、時々そういった媚薬でいくつかの種類を試してみたことがあるといった方もいるでしょう。
しかし媚薬には海外のものもあり、正規のものではなく、偽物の媚薬がいかにも本物のようにして販売されていることがあるため、注意が必要です。
媚薬にはいろんな種類がありますが、それによって依存性が出てしまうこともあります。
そうなってしまうと不感症の改善どころではなく、媚薬の依存を断つための治療なども必要になってくる場合があります。
治療薬と媚薬は全くの別物であるということはしっかりと理解した上で改善のためにはどうしたらいいかということを改めて考えてみるのも前向きな行動の1つです。
婦人科にはいろんな症状について相談にくる女性がたくさんいます。
それこそ不感症なので媚薬を飲むことで改善することができるのかといった相談や媚薬の依存ぎみなので、どうしたら媚薬をやめることができるのか、媚薬以外でどういった種類の改善方法があるのかなど相談内容はいろいろあります。

男性のテクニック不足が原因でも不感症になる

話し合うカップル

婦人科に相談した上で医薬品を治療薬として服用し、改善を目指す方法をとったとしても性行為は相手がいてこそのものです。
そのため、いくら婦人科で相談をして、媚薬などを使わずに医薬品などの治療薬を使っていたとしても男性側に原因がある場合はなかなか改善されるということが難しいです。
男性側の原因とは相手の男性が性行為に不慣れであった場合やあまり丁寧に行為を行なわないために興奮を感じることができないといった場合があります。
この場合は婦人科で相談して医薬品を治療薬に使うだけではなく、男性側にも女性と一緒に性行為をどうしたら感じやすくなるかといったことを話し合ってみる必要があります。
媚薬は治療薬ではありませんから、もし男性が安易に媚薬を使えばいいといった提案をしてきた場合には媚薬と治療薬は別のものであり、目的も効果も全く違うのだということを理解してもらわなければいけません。
治療薬にはいろんな種類があるので、体にあうものを見つけるまで時間が必要な方もいます。
1つの医薬品で効果が感じなければ様子を見ながら別の医薬品を婦人科で処方してもらうということもあります。

性行為はリラックスすることも重要

婦人科では相談に対していろんな種類のアドバイスをくれます。
そういった婦人科のアドバイスをもとにしてリラックスしながら性行為をしてみるというのも改善される1つの方法です。
リラックスするというのは想像以上に女性にとっても男性にとっても必要なことです。
時と場合によってはリラックスできる環境は様々な種類が用意されている医薬品などの治療薬よりも有効的なことがあります。
男性側のテクニック不足が原因の場合は伝え方が非常に大切です。
あからさまに医薬品を治療薬として飲んでいると言うのではなく、自分の体質もあるのかもしれないけれどといった前置きをするなどしてワンクッション置いて伝えるようにするほうがいいです。
医薬品は体にあえば効果的ですし、種類もいろいろありますので焦らずに治療していくのが良いですが、医薬品のいろんな種類を試していくよりも、できれば2人で性行為を愛情表現の1つとして時間をかけながらお互いの感じるやり方を探っていくのがおすすめです。

さまざまな改善方法を試してみる

副作用があることを考えますと様々な種類の医薬品を長期間ずっと服用し続けるということは決して良いことではありませんし、性行為でできるいろんな種類の体位を試してみたりして感じるのはどういった種類の行為なのかということを探るのは意外と興奮を誘います。
それは治療薬にはできないことなので、デートの段階から様々な種類の避妊具を選んでみたり、いろんな種類の服を楽しんでみるなどコミュニケーションをとるようにしてみても良いです。
もちろん薬はいろんな種類があるので不感症の様々な原因に対処することが期待できます。
男性側のテクニック不足を改善できることを2人で楽しみながら治療薬を使って、さらに興奮を感じやすくするなどして不感症を改善していきましょう。