ラブグラ服用に伴う副作用について

頭痛がする女性

性交渉をしていても性的快感を感じなかったり、性交渉している時に痛みがあったりして悩んでいる女性は多いでしょう。性的快感を感じる事が出来ないと、相手との関係を悪化させてしまう場合もあるので大変です。
性的快感を感じられないという事は、精神的にもとても辛いでしょう。そんな人達の為に、女性用のバイアグラがあります。

女性のバイアグラのラブグラは、女性の性的な欲求や快感を満足させる為に開発された物で錠剤タイプです。ラブグラには、バイアグラと同じ主成分のシルディナフルが100mg配合されています。
女性が性交渉をする1時間前ぐらいにラブグラを1錠服用すると、膣内、外陰への血流の流れを良くしてくれます。さらに、膣内に潤いを与えてくれるので、性交渉をしている時に感じる性的快感の量が間接的に増やす効果があるのでオススメです。
ラブグラはバイアグラと同じ精力増強剤ではないので、服用を続けても体質が改善される事はありません。性交渉の時に膣内、外陰に血液が行き届かなくなるのを抑えてくれます。絶頂不全と不感症を改善してくれる治療薬です。
ラブグラにはデメリットや副作用もあります。効果だけではなく、デメリットや副作用をしっかり理解してから服用しましょう。
主成分のシルディナフルは食事の影響によって、薬の吸収が邪魔されてしまい効果が減少する事があるというデメリットがあります。特に油分は影響を与えやすいので、気を付けましょう。
主成分のシルディナフルの最大限の効果を得る為には、空腹時に服用するのが1番良いです。1度服用すると、24時間以上時間を空けないといけません。
初めて服用する人は、ピルカッターなどで割って25mgから服用すると良いでしょう。服用する時の飲み物は水かぬるま湯が良いです。主成分のシルディナフルの作用を妨げるような成分が入っている飲み物では効果が発揮されません。
効果の持続時間は5時間ぐらいです。性的刺激があれば、何度でも性行為が出来ます。

ラブグラでの副作用が出た際の対処法

バイアグラの副作用は、顔の紅潮や頭痛、消化不良などがあります。これは血管拡張作用によって起こります。どの副作用も一時的なもので、効果がなくなれば副作用も軽くなったりなくなったりする事がほとんどです。
後遺症が残る事はないので、心配ありません。副作用があるのは、大きなデメリットです。しかし、副作用が出た時の対処法を知っていれば安心です。
主成分のシルディナフルの副作用は、全身の血流や血の巡りが良くなり過ぎる事や全身が充血する事によって起こります。全身に効果が出てしまうので、顔の紅潮などが起こります。
主成分のシルディナフルに関係なく、性交渉をすると頭痛になりやすい人がいます。なので、頭痛が起きても主成分のシルディナフルの副作用とは限りません。頭痛が起きたら、鎮痛剤や頭痛薬が効果的です。ラブグラは市販の頭痛薬と併用出来ます。

ラブグラを服用すると、稀に急激な血圧低下が起こる場合があります。ラブグラの過剰摂取で通常よりも血圧が下がり過ぎてしまった場合、命を脅かす危険もあります。ラブグラの成分に対してアレルギー反応を起こした場合も大変危険です。
例えば、呼吸困難や顔面蒼白、目眩などです。副作用は少ない部類の薬ですが、症状が酷い場合は早めに病院に行きましょう。
ラブグラは副作用の他にもデメリットがあります。それは、誰でも服用出来るわけではないという事です。心筋梗塞や狭心症で硝酸剤やニトログリセリンを飲んでいる人は併用出来ないので注意が必要です。
心臓病との治療薬とは相性が悪いので、併用すると過度の低血圧になってしまいます。なので、心臓病の人はラブグラを服用する前に、担当の医師にラブグラを服用しても問題ないか確認しましょう。