不感症にはラブグラがおすすめの薬

ラブグラ

性行為において女性でももっと敏感に興奮したい、性欲を増進させたい、不感症を治して潤いある性生活を送りたいという人は少なくありません。ラブグラは女性のために開発された不感症障害、性的興奮障害を改善するための医薬品です。
男性用では「バイアグラ」というED治療薬が有名ですがその女性版です。ラブグラを服用することによってパートナーとの性行為がより興奮した、潤いあるものになります。

ラブグラは、アジャンタファーマ社が開発したものです。ラブグラを服用することによって、血流促進効果を生み出し不感症を改善したりオーガズム不全に作用し潤いある感度を実現します。
「PDE-5」という酵素を阻害することによって、女性の興奮には欠かせないクリトリスや女性器周辺の血流促進、血流増加によって不感症を改善する作用があります。性的な刺激を受けた時のみに反応するという特徴があります。
ラブグラの主成分は「シルディナフル」です。このシルディナフルは腸から吸収されるという特徴があるため、服用する場合は空腹時が良いです。アルコールとの併用や、空腹状態で無い場合は効果が半減していまう可能性があります。
特にアルコールやカフェインとの相性が悪いとされています。アルコールを摂取する時や、高脂肪の食事をする場合には注意が必要です。せっかくのシルディナフルの血流促進効果を十分に得ることができません。

性行為の約1時間前に服用するのがおすすめで、30分~1時間ほどで効果が現れます。ちなみにラブグラの血流促進効果や興奮効果が持続するのは、約5時間程です。
ラブグラの服用は、1日100mgが上限とされていて次回の服用するまでに24時間以上は空ける必要があります。
併用禁忌薬の存在も知っておかなければなりません。有効成分であるシルディナフルとの飲み合わせが悪い薬の事で、ラブグラと併用することが禁止されている薬があります。不整脈などに使用されているアンカロン錠はラブグラとの併用が禁止されています。

ラブグラは男性でも服用が可能なのか?

女性用として開発されたラブグラですが、男性でも服用できるならばカップルや夫婦で一緒に使用することができて便利ですしお得です。
結果的に言うと、男性でも女性でも同じようにラブグラを使用することができ、実際に服用した人で「効き目があった」「性行為により敏感になった」「潤いある性生活が送れた」という口コミも多く存在します。

ラブグラに配合されている成分の多くは、男性用のバイアグラに配合されている成分とほぼ変わらないという特徴があります。
その効き方には実際個人差がありますが血流促進や勃起不全であるEDの改善、性行為に敏感になるなどの効果を発揮してくれます。しかし、男性用ではないため男性用に作られたバイアグラに比べると効き目や勃起力が薄いというのも事実です。
流行に敏感な男性たちがなぜ女性用に製造されたラブラグを実際に使用しようとするかというと、先述したようにパートナーと併用できるという点に加えて価格が安いからです。
シルディナフルを主成分としたラブグラは一錠あたり約300円であるのに対して、バイアグラは一錠約1500円と非常に高価です。このような点からもより敏感で潤いある性行為を行うためにも、より安価なラブグラを飲む男性が多いです。
性行為のたびに服用したい人にとっては少しでも安い方が経済的であり、パートナー二人が一緒に飲んだとしてもバイアグラよりも安く済むという利点があるからです。
男性も女性と同じように、アルコールを飲んでいる時の服用は避ける必要があります。体格差はありますが、服用方法は同じですので注意が必要です。
アルコールやカフェインを避けたり、併用してはいけない薬があるなどの情報をパートナーと共有するのも良いです。