不感症には色々と種類がある

診断する医師

女性の中には性交渉のなかでなかなか快楽刺激を感じることができない人もいます。少なからず元々の気質で持っている人もいますが、病的になると不感症と呼ばれる病気を診断されることもあります。
不感症自体は生活上の支障はありませんが、性交渉の際には苦痛になったり嫌悪的になる人が多い傾向にあり、性生活の中では大きな支障につながります。
不感症にもいくつかの分類があり、性嫌悪症と性興奮障害・オーガズム障害が大きくわけて挙げられおり、他国に比べて日本人女性に多い傾向にあります。その理由に日本人女性の性に関するイメージも影響しています。
平均して日本人女性は性に積極ではない印象を持つ傾向にあり、それが性交渉の際にストッパーとなってしまいます。その結果性交渉への抵抗やマイナスイメージを持ち、不感症を引き起こすきっかけにもなることがあります
性嫌悪症について、性交渉自体に嫌悪感を抱いてしまう症状のことを指します。相手に恋愛感情や愛情はあっても性交渉に関してはマイナスイメージを持つため、性嫌悪症ではそれ自体が負担となります。

女性の性的な快楽は精神的側面も大きく影響している為、性嫌悪症の人はその価値観からくる結果とも言えます。
次に性興奮障害について、性交渉の中で十分に興奮が起こらず、膣内が濡れなかったり途中で疼痛を引き起こしてしまうというものです。膣内の分泌液は精神的興奮に伴い盛んになり、それがデリケートな膣内を保護してくれます。
しかし性興奮障害によりそれが起こらないと自然と感じやすさにも影響が出てしまいます。それが慢性的に繰り返されるなかで性興奮障害は進行していくといえます。
またそれは血行とホルモンバランスも大きく影響しています。血行不良により感覚の感受性が落ちてしまいます。また血行不良は性器にも起こりえる症状であり、自然と感じにくくもなります。
また血行は自律神経で調整されており、ホルモンバランスが保たれることで維持されます。そのため様々な原因でホルモンバランスが崩れてしまうと自然と血行にも影響を及ぼす為、注意が必要です。
最後にオーガズム障害について、性交渉の中でなかなかオーガズムに達することができない症状です。そのため十分に快楽を得ることができず、不安や不満を徐々に募らせてしまう結果にもなり、精神的負担にもなります。

自分がどのタイプの不感症なのか理解する

日本人女性に発症しやすい不感症にも性嫌悪症・性興奮障害・オーガズム障害と複数の分類があります。
オーガズム障害にはいくつかの種類があり一度もオーガズムに達したことがない原発性オーガズム障害と自慰行為では可能も相手によっては達することができない状況性オーガズム障害とある時期から引き起こされる二次性オーガズム障害があります。
それぞれの原因も大きく異なるため自分の不感症の分類と種類を知っておくことはその後の治療・改善を図る上でも重要となります。女性は男性以上にホルモンバランスを崩しやすく、それが血行にも影響を及ぼします。
またストレスがきっかけでホルモンだランスの乱れが引き起こされることもあります。
日本人女性に多い性行為への価値観がストレスとなり、ホルモンバランスを乱してしまうケースも多く報告されています。性交渉は男女のコミュニケーションの重要な一つであり、それがふたりの生活の満足度にも大きく影響していきます。
実際に性交渉の満足度がその後の生活の充実・幸福に大きな影響を及ぼすという研究結果も多く寄せられています。

しかしそれと反対に性生活に不満があるとその後の生活にマイナス的に働きかけてしまうこともあります。そのため不感症を抱えていることでそれを引き起こしかねません。
不感症自体は十分に治療が可能な症状であり、多くの人が専門機関を受診して治療に励んでいます。
治療法も様々にありますが、各分類と種類によってその方法も大きく異なっています。また自分で状態を知っておかないと十分に気持ちを治療に入れることができません。
不感症自体は日常生活に支障はない為、重要視しない女性も多いです。しかし精神的側面も影響していることからも、しっかりと現状を理解してしっかりと取り組む気持ちを持っておくことが大切となります。