不感症に効く薬の作用とは何か?

興奮する女性

不感症になれば性行為の際に得られる快感が極端に少なくなり、結果的に女性の場合にはオーガニズムに達することが出来ない、男性の場合であれば射精が困難になります。
もちろん、男性の場合には快感の有無にかかわらず射精が可能な場合もありますが、その分体と精神面でのギャップに困惑し症状が悪化する危険性も出てきます。
一般的に、こうした不感症の改善には専用の薬が処方されます。一般的なものであればバイアグラなどの興奮剤です。女性の場合でも男性の場合でも快感をつかさどるホルモン分泌を活発にしていくことができます。
作用としては、性的興奮、快感を高めていくもので、女性の場合には膣内の、男性の場合であれば性器の血流を促進していくことが出来ます。
女性の場合、膣内の血流が促進されることによって性交時の痛みを軽減し、感度が良くなります。男性の場合には性器の血流促進によって勃起不全などの不感症に関連した症状も改善していくことができます。

この他にも不感症に効く薬として感度をアップさせるジェルなどが挙げられますが、作用としては先に挙げたバイアグラと内容は同じです。一時的に血流やホルモン分泌を良くして性行為に適した精神状態、体の状態に持っていきます。
プラスαの作用として、膣内の潤いを保つことで感度が増したり、イキやすくなることもあるため、女性の場合にはどちらか体質に合ったものを選ぶといいでしょう。
女性の不感症ならではの症状、コンドームによる違和感や痛みを緩和する効果もあるため、ごくごく軽度の症状であればこうした専用のジェルの潤いをプラスする作用で十分対処していくことが可能です。
男性の場合でも女性の場合でも、不感症に効く薬は性行為の少し前に服用します。性欲を高めるジェルに関しても前もって使用することで初めてその効果を実感することが出来ます。
不感症を改善するためにはこうした性行為の前の性欲アップの準備が大切になってくるわけです。

薬による不感症改善は一時的なものなのか?

不感症には性欲を高め、感度を良くする作用のある、いわゆる効く薬がいくつかありますが、実はその効果は一時的なものです。服用をしなければ、あるいはジェルを使用しなければ膣内の潤いも元の状態に、さらには性欲や感度も落ちてしまうことがあります。
もちろん、効く薬を用いることで性欲を高め、その成功体験を増やすことで精神的なストレスは軽減できます。効く薬を飲んだから大丈夫と気持ちの面でも楽になることもあるでしょう。
とはいえ、薬の服用はあくまで一時しのぎのもの、あるいは治療の過程での症状緩和に用いられるものです。

女性用のバイアグラの場合、先にも述べたように一時的に血流を促進することで膣内の面積を広げちょっとの刺激でも感度がまし、イキやすくしてくれます。
イキやすくなることで味をしめ、何度も服用するようになれば、それに体が慣れてしまい性行為がマンネリ化してしまう危険性もでてきます。
こうした不感症に効く薬は性行為の不快感を緩和するためにはいいですが、あまりに過度の使用、あるいは長期間の使用には副作用がついてまわるということを押さえておくことをおすすめします。
膣内の潤いを十分に保つことでイキやすくなる、不感症の緩和につながる事は十分に知られていますが、継続的な使用に関して言えば医師の指導の下慎重になるべきです。
ただ単純に性交時の痛み、不快感を緩和したいという程度であれば無理にバイアグラを使わずとも、市販の潤いジェルを使用することで十分にイキやすくなることはできます。
ごくごく軽度の症状である場合、あるいはバイアグラは本当に必要な時にだけ服用するようにしたいという人には、まずこの市販のアダルトグッズでの症状改善をおすすめします。