性感帯が未熟だと感じないことも

性欲による性行為の欲求は、遺伝子に刻まれており食欲・睡眠欲・性欲と言われるように生物の3大欲求ともいわれます。
このように性行為は生物としての人間には男女を問わず欲求があります。
もしこの性欲という欲求がなければ、遺伝子の継承者である子孫が繁栄せずに生物が未来へ続くことはありません。
ですから、子孫を繁栄させるという大切な役目が遺伝子の中に情報としてあります。
遺伝情報により、本来ならば性欲があり本能に従い性行為という行動に移すのですが、性的に未熟な場合には性的興奮も未熟な状態です。
性的感受性である感度は身体の発達に伴い、感度が高くなってきます。

また、その人のオナニーの頻度などの環境因子も大きく影響してきます。
身体の成長が十分成長しているにもかかわらず、性感帯の感度が低い場合には性感帯感度自体が未発達なことが往々にしてあります。
そのような場合には、性感帯の開発が必要になってきます。
また、性感帯が未発達であったり感度が低い場合には、性行為で性感を受けることがなく、性行為自体に痛みを伴うことがあります。
性行為に関しては、十分に性的興奮がなければ快感としてではなく、痛みとして認識されることがあります。
このように、性感帯が開発されていない環境下では、本来人間に備わっている性欲という遺伝子の意思を享受できない状態にあります。
このような環境を改善するには、日ごろからオナニーなどによって性的感受性の感度を高める必要があります。
オナニーでは、身体の性感が鈍い部分ではなく、自分自身で快感を得られる部分から始めるのがいいでしょう。
一般的にオナニーでは、最も感度の高いクリトリスなどへの刺激により性的快感を得ます。
クリトリスへの刺激によるオナニーにより、性的快楽を得やすくなった段階で、他の部分へと刺激を広げていきます。
最初から性行為から性的快楽を得ようとすると、痛みだけが先行し性行為に対する嫌悪感が生まれる可能性があるため、注意が必要です。

性感帯が未熟なら美容外科に相談してみる

性感帯からの性的快楽を得るには、オナニーにより開発していきますが、その際には注意する点がいくつかあります。
オナニーをする際には、誰かと鉢合わせするような環境では安心できません。
そのため、一人になれる環境が必要です。
次に、心身ともにリラックスする必要があります。
性的快楽を得る際には、自律神経において副交感神経が優位な状態、つまりリラックスしている状態が必要です。
リラックスしてない状態の交感神経が活発な状態では、性的興奮は起きにくいからです。
仕事中や何かに集中して活動をしている際には、交感神経が活発になっている状態です。
このような状態で、性的興奮を感じるひとはあまりいません。
ですから、副交感神経が優位になるようリラックスする必要があります。
寝る前などは、リラックスしており副交感神経が優位になってきている状態なので、このような環境の元でオナニーをすると効果的です。
オナニーによってクリトリスの開発が進めは、次は乳首であったり膣周辺などへ広げていきます。
そうすることで、性的興奮の感受性の幅が広がり性行為での快楽享受へとつながってきます。
オナニーで開発することで、性的感度が鈍い部分でも、徐々に敏感になってきます。

しかし、そのような努力によって全く感度があがらず、どの性感帯も鈍いままですと、場合によっては美容外科に相談してみるのも一つの方法です。
極度にホルモンバランスが崩れている場合は、性的興奮を感じにくくなります。
また、手足が冷たいなどといった状態は、性的感度が鈍い状態ですので、手足を温める必要があります。
このように手足が冷たい状態場合や、生理不順などが原因で性感帯が鈍い場合もあります。
美容外科ですと、ホルモン状態などの検査も可能なため相談してみると良いでしょう。