性行為での感じるホルモンについて

女性らしさの元となる女性ホルモン。年齢を重ねる中で減って行くのでサプリメントなどで補ってやっている方もいるでしょう。
恋愛をすると女性はきれいになると言われることから性行為が女性ホルモン活性化に大きな影響を表しているのでしょうか。結論から言うと、恋をしても性行為を行なっても直接女性ホルモンを増やす効果はありません。
恋してない方や性行為をしたことがないという方が女性ホルモンが早く減少してしまうということもないのです。
ただし、いい恋愛をして発情し、性行為の際に性的興奮・快感を強く感じることで脳内が活性化すると、脳内ホルモンのエンドルフィンが分泌されます。
エンドルフィンは脳内麻薬用物質とも呼ばれ、背徳的な幸福時にも分泌される物質ですが、性行為においては、更なる発情や性的興奮・快感を活性化させ、女性ホルモンの分泌を調整している脳の視床下部の活性を高める働きも持っているので、その結果として女性ホルモンの分泌も活性化されるのです。

どうでもいい相手とのセックスよりも大好きな人とする方が同じようなことをしていても強い快感を覚えるのは、エンドルフィンが脳内で活性化しているから。
エンドルフィンはいつでも分泌することができ、だからこそ動物のように発情期というのはなく人間はいつでも性的興奮や快感を覚えることができるのです。1年を通じて発情期というわけです。
発情するには性的興奮・セックスだけが必要というわけでもなく恋をする相手を無理やり作る必要はありません。
好きなアイドル・キャラクターを作ったり、動物と触れ合うことによって癒されたり、何らかの趣味を作ったり、性的興奮はなくても快感を感じる何かを見つけ出してときめきに心から満たされることができればエンドルフィンは脳内に発生します。
なんでも好きなことを心から楽しんでいる女性というのはとても美しいということです。あなたも、何かときめくものを見つけ出して、きれいになりませんか。

ホルモンバランスの乱れは精神的にもダメージがある

生理や出産・更年期など女性ホルモンのバランスが崩れる時期は女性なら何度も経験しているでしょう。そんな時期になると精神的にも不安定になる方も多いです。イライラしたり、落ち込みやすくなったり、集中力が鈍ったり。
食欲が落ちたり眠れなくなったりといった症状が出る方もいるでしょう。自律神経への影響も大きいため心も身体も制御不能に陥るのです。

生理のたびにこのような状態に陥っているとどうしても落ち込みもひどくなるでしょうが、ホルモンが影響しているためしょうがないこととあきらめましょう。理由を知ればちょっとは気持ちも落ち着くのではないでしょうか。
生理が落ち着けば、更年期を乗り越えればホルモンバランスも整って落ち着くはずです。その間はゆっくりと身体を休める期間としましょう。
生理の時の落ち込みが激しくなった、年中気持ちの乱れが見られるという方は生活習慣の見直しをしてみませんか。食生活の乱れや睡眠不足・ストレスによってもホルモンの乱れは起こるのです。

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンやホルモンの分泌を促してくれるビタミンB6やEを積極的に取るのもおすすめです。適度な運動をするようにすれば気持ちもすっきりしますし、しっかり眠ることができるでしょう。
解消法をさまざま試してみても気持ちが不安定なままだという方は病院でホルモンを処方してもらうという手もあります。共稼ぎの家も多く、仕事に育児に家事にと忙しい女性も多くなりました。ホルモンバランスが乱れやすくなっているのです。
忙しい中でも元気に美しくいられるためには生活を見直すことが大切。それに何かときめくものをみつけてやりましょう。好きなアイドルのコンサートに行くために仕事するというのであればきっと前向きに頑張れるはずです。