男性不感症を改善する方法

不感症は、性的な刺激に対して何ら興奮を覚えないことを指します。不感症といえば女性に見られるものですが、男性不感症も存在します。
不感症といってもその種類はいくつかあり、例えば男性不感症で顕著なのは性的刺激を受けてもペニスが勃起しないことがあります。さらに勃起をして、ペニスに刺激が与えられても射精が行われないのも男性不感症の特徴です。
これらの状況は生殖活動に大きな障害となるため、子供を自然に作ることができないことを意味します。

一方で不感症といっても個人の価値観によって変わってきます。例えばパートナーによっては性的な興奮を覚えないこともあります。
またフェチズムなどではある身体の部位や物に対して性的興奮を覚えるものの女性だけに対して性的興奮を覚えないといったケースもあります。さらに禁欲的な考えを有している場合には意図的に不感症になっていることもあります。
このように男性不感症といっても、その内容によって事情が異なってきますが、改善ことも可能なのが不感症の特徴です。不感症の原因として考えられるのがホルモンの影響です。
男性不感症の場合には男性ホルモンの分泌量の低下が不感症につながっているケースがあります。また体力的な衰えなども大きな要因です。

また近年多いのがオナニーでは達することができるものの女性との性行為では射精には至らないといったケースなどがあります。
いずれにしても不感症によって正常なセックスが出来ないことは男女間の信頼関係に著しく問題を生じさせます。
改善方法としては、第一には男性らしさを得るために男性ホルモンの分泌量を増やすことです。増やす方法としては、食事や運動といったものですが、それらをサポートするためにマカなどのサプリメントが有効です。
マカは古くから精力剤として使われてきたもので男性ホルモンの分泌量を増やすという意味では期待ができます。またマカ以外にも男性ホルモンの分泌量を高めるサプリメントが多くありますし、またED治療薬を使ってみるのも改善方法のひとつです。

オナニー禁止ややり方を変えてみることで改善できる

男性不感症の改善として知られるのがオナニーの禁止です。オナニーを禁止することで男性ホルモンの分泌量を増やし性欲を高めることができ、それによって感度も上がるわけですから、通常の状態よりも不感症の状態は改善できます。
さらにマカなど精力剤となるサプリメントを摂取することによって内側から性的な興奮を得たいという欲求を高めることで改善が可能です。

一方でオナニーの禁止でも改善が見られない場合には、オナニーの仕方によって発生している場合があります。
オナニーではペニスを手で握って行いますが、この刺激が強い場合には女性器に挿入をしても刺激を感じず、その結果、射精に至らないケースがあります。
このような場合にはせっかくオナニー禁止をしても根本的にペニスが刺激に対して鈍感になっているため、射精にはいたらず場合によっては勃起が収まってしまいます。
このためオナニー禁止以前にソフトな刺激でも射精できるように工夫することがポイントです。
特にペニスの勃起は性的な刺激よりも精神的な面が大きく左右するので、第一には性的な興奮することが重要です。このためにはマカなどのサプリメントを使って男性ホルモンの分泌量を増やすことが必要です。

またサプリメント以外にED治療薬という選択肢もありますが、ED治療薬はあくまでも勃起を促す作用であり性的興奮を高めることはできません。
このためED治療薬を服用しペニスを勃起させることができても射精に至らない男性不感症に近い状態になる場合があります。
特に射精が遅いのは女性に対して負担になるため、ED治療薬を服用する場合には同時に男性ホルモンの分泌量を増やして性的に興奮しやすい状態を作り上げることが重要です。